<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>


PROFILE
LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
SEARCH
MOBILE
qrcode
OTHERS
PR
<< 72)旧代表者(被相続人)の要件(相続税の納税猶予) | main | 74)贈与税の納税猶予 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | - | - |
73)後継者の要件(相続税の納税猶予:経営承継相続人等)

相続税の納税猶予制度における後継者のことを「経営承継相続人等」といいます。

1.相続開始直前において被相続人の親族である事。

2.相続開始の日から5月を経過する日(認定申請基準日)において、
  代表権を有していること。

3.相続開始の時以降において、
  後継者及び同族関係者と合わせて議決権数の合計が、
  自社の総株主等議決権数の100分の50を超えており、
  かつ、後継者が同族関係者間のうち筆頭株主であること。

4.相続開始の時において経済産業大臣の確認を受けた特定後継者であり、
  かつ、相続開始直前において役員であったこと
  (60歳未満で死亡した場合や公正証書遺言があった場合等を除く)。

5.相続開始の時以後、相続により取得した納税猶予を受けようとする
  自社株式等の全部を有していること。

 

| OBSC | 税務 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | - | - |









url: トラックバック機能は終了しました。